2008年07月10日

インプラントの歴史

インプラント治療に革命が起こったのは1970年代です。スウェーデンの若き医学者ブローネマルク博士が偶然チタンの優秀性を認めたのがきっかけでした。ブローネマルク博士はウサギを使った基礎実験を行っておりました。
この時彼はウサギの骨内にチタン製の血流測定装置をつけました。そして数ヵ月後、その装置を取り外そうとした所チタンは骨とくっついて離れませんでした。これが、チタンがインプラントに用いられるようになったきっかけです。



後年、ブローネマルク博士は、チタンの有用性を研究する実験にとりくみました。ブローネマルク博士は骨にチタンを埋め込み数ヶ月の間、安静にしておくと非常に強く結合する事を証明しました。大きな力が加わっても耐える事が出来、長期的に安定する事も分かってきました。ブローネマルク博士はチタンと骨が結合する現象をオッセオインテグレーションと名づけました。この発見によって、インプラント治療は大きく変わり歯科治療全体にも革命的な進化をもたらしたのです。

博士は、上下全ての歯が失われた人の下顎にインプラントを埋め込みました。6ヶ月の安静期間の後、上部構造と呼ばれる「人工の歯」を取り付けました。このインプラントは何年も機能しており、歯を失くした人々を入れ歯の悩みから開放する事になりました。その後、欧米を中心に様々なインプラントが開発され世界中に普及しはじめたのです。

インプラントは欧米を中心に発展し、素晴らしい実績をあげてきました。日本にも1980年代になって次第に広がって来ました。しかし、欧米人用開発されたインプラントはサイズやシステムの点で必ずしも日本人の顎に適応していませんでした。そこで1980年代後半から日本人あるいは東洋人向けのインプラントの開発が着手されました。日本の精密機メーカーや歯学部、あるいは一般臨床医により数年間の研究が進められ。プラトンインプラントシステムとして世にだされる事になり現在に至るのです。
posted by インプラント at 03:26| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。